粒々辛苦

    怠け者で面倒ぐさがり,「喝」をください

    スポンサーサイト

    Posted by ぴっち- on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    淡路島1周

    Posted by ぴっち- on   0 comments   0 trackback

    今年初めてバイク淡路島1周へ行きました。
    宮古島大会に参加していた時期は、1月から4月の大会まで10回ほど
    淡路島1周へ行っていました。

    今年は怪我が回復して本格的にレース復帰するつもりでしたが、
    なかなかモチベーションが上がらず困っています。

    やっと本格的にバイク練習ができてほっとしています。


    大鳴門橋(全長1629m)

    高速艇が到着する岩屋から時計回りで鳴門岬が88.25Km地点になります。
    洲本からは山岳区間を走るのですでにバテバテ、距離的には、半分強ですが、後半は長い峠がないので
    ここまでくるとひと安心ですが、西海岸では風に苦しめられることが多いです。
    今日も強風ではありませんでしたが、岩屋からラスト50Kmまでは向かい風基調でした。
    東海岸で向かい風でも西海岸で追い風にならないことがあります。



    岩屋港でガーミンを確認するとほぼ淡路島1周で154Kmでした。
    高速艇まで時間があったので、神戸淡路鳴門道の淡路ICの登りを登って
    港まで下ってきました。
    高速艇は所要時間13分ですが、昼間は40分毎の運行になるので
    船の時間を気にしなから走るので、良い練習になります。ラスト15Kmくらいで
    目標の船に乗船できそうな見込みが立つまで設定ペースを維持しなければなりません。



    明石海峡大橋(世界最長のつり橋全長3911m)



    自転車は普段、船尾甲板にロープで固定します。
    海が荒れている時は潮をかぶるので船内に入れてくれます。

    明石~岩屋 旅客450円 自転車200円 往復 1300円
    お金は、掛かりますが、本州から13分で、車と信号が少なく
    信号のタイミングを減速で調整すれば、154Kmノンストップも可能です。

    淡路島は佐渡島をひと回り小さくして、少し都会的にしたような島です。
    かつてはトライアスロン大会も行われていて、ロングライドのイベントもある
    自転車天国の島です。

    回数券を購入したので五島まであと3回淡路島へ行かなければなりません。

    【本日の練習】
    バイク 172Km
    スイム  1.3Km

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。